多汗症を考える

多汗症とは手のひらや脇の下、足の裏などから大量の汗をかく症状のことを言います。
これからの季節は気温が上昇するため、こうした症状に悩む方も増えてきます。

緊張やストレスなどがこの発汗症状をひどくさせてしまいます。
汗をかきたくないと思うと尚更汗をかいてしまうのです。

手のひらの手掌多汗症の患者さんの中にはテストの答案用紙が汗で濡れてぐちゃぐちゃになってしまったりすることもあります。
試験は緊張するため、症状が現れてしまいます。

よくアナウンサーや芸能人は脇汗を指摘されたりします。
確かにテレビを見ていて汗をかいているのがわかるといい気はしませんが、そのことについて苦情をいう人もいるようです。

汗は誰でもかくものです。運動などで汗をかくことは良い事だと言われますが、でもその量が多いと悩みに変わります。
私も汗をたくさんかくほうなので他人事には思えません。