ショートカットキーで効率作業
 

 

TOP > Excelのショートカットキー

エクセルのショットカットキーについて説明します。

ブック、ワークシート内での移動

使用頻度
使用キー
目的
補足
方向キー(↑↓←→) 上、下、左、右のセルに移動する。
 
 
「Ctrl」 方向キー データの入力されているセルの一番端に移動する。
 
 
「Home」 行の先頭に移動する。
 
 
「Ctrl」 「Home」 シートの先頭(左上)に移動する。
 
 
「Ctrl」 「End」 データが入力されている範囲の一番右下のセルに移動する。
 
 
「PageUp」 1画面上にスクロールする。
 
 
「PageDown」 1画面下にスクロールする。
 
 
「Alt」 「PageUp」 1画面左にスクロールする。
 
 
「Alt」 「PageDown」 1画面右にスクロールする。
 
「Ctrl」 「PageUp」 次のシートをアクティブにする。
 
「Ctrl」 「PageDown」 前のシートをアクティブにする。
 
 
「Shift」 「F4」 前回の検索と同様の検索をする。
(検索画面が出ている時の「次を検索」を押した場合と同様)
 
 
「Tab」 保護されたワークシートで、入力可能セル(ロックされていないセル)を右→下の順に移動する。
(保護されていないシートでは右に移動する)
 
 
「Shift」 「Tab」 保護されたワークシートで、入力可能セル(ロックされていないセル)を左→上の順に移動する。
(保護されていないシートでは左に移動する)
 

セルのコピー等

使用頻度
使用キー
目的
補足
「Ctrl」 「C」 セルのコピー。
 
「Ctrl」 「X」 セルの切り取り。
 
「Ctrl」 「V」 セルの貼り付け。
 
「F2」 選択したセルを入力状態する。
(セルをダブルクリックと同様)
 
「=」 数式の入力を開始する。
 
「 」 「 」の後に数字を入力すると計算する。
 
「-」 「-」の後に数字を入力すると計算する。
 
 
「Back Space」 選択セルの内容を消去しセルを入力状態にする。
 

セル内でのデータ入力時

使用頻度
使用キー
目的
補足
常時使用
「Enter」 セルの入力を確定し、下のセルに移動する。
(移動するセルは設定によるが初期設定は下)
 
 
「Shift」 「Enter」 セルの入力を確定し、上のセルに移動する。
 
 
「Tab」 セルの入力を確定し、右のセルに移動する。
 
 
「Shift」 「Tab」 セルの入力を確定し、左のセルに移動する。
 
「Alt」 「Enter」 セル内で改行する。
 
 
複数セル選択状態で
「Ctlr」 「Enter」
選択範囲のセルにアクティブセルと同一の値を入力する。
 

使用頻度について
◎ ・・・ かなり使用するので優先的に覚えた方が良い
○ ・・・ 使用頻度も高く覚えておくと便利
△ ・・・ 知っていると便利だが優先順位は低い

 

【ショートカットキーで
効率作業】

WINDOWS全般

EXCEL

WORD

Internet Explorer

 

ショートカットキー日記