ショートカットキーで効率作業
 

 

TOP > Windows全般のショートカットキー

ファイルの選択、コピーなどWINDOWS全般のショートカットキーを説明します。

基本操作

使用頻度
使用キー
目的
補足
「Enter」 選択・実行。
(左クリック、ダブルクリックと同じ効果)
 
「Shift」 「F10」 選択した項目のショートカットメニューの表示する。
(右クリックと同じ効果)
 
 
「Alt」 「Enter」 選択した項目のプロパティを表示する。
 
「Windows」 マウスで「スタート」をクリックした状態になる。
 
 
「Windows」 「F1」 Windowsのヘルプを表示する。
 
「Windows」 「E」 エクスプローラーを表示する。
 
「Windows」
「Pause/Break」
システムのプロパティを表示する。
 
 
フォルダを選択し
「Shift」 「Enter」
選択したフォルダをエクスプローラーで表示する。
 
「Alt」 「Tab」 使用しているソフトを切り替る。
「Windows」 「D」 デスクトップを表示する。
「Alt」 「F4」 使用しているアプリケーションを終了する。

ファイルやフォルダの操作

使用頻度
使用キー
目的
補足
「Ctrl」 「C」 コピー。
「Ctrl」 「X」 切り取り。
「Ctrl」 「V」 貼り付け。
 
「Delete」 削除。
 
 
「Shift」 「Delete」 ゴミ箱に入れずに削除。
 
「Ctrl」 「Z」 取り消し・元に戻す
「Ctrl」 「Y」 やり直し(「Ctrl」 「Z」の取り消し)
 

アプリケーション使用時の操作
(各種アプリケーションでほぼ共通で使用出来る)

使用頻度
使用キー
目的
補足
「Ctlr」 「W」 開いているウィンドウを終了する。
 
 
「Ctlr」 「S」 ファイルを保存する。
 
「Ctlr」 「P」 印刷画面を表示する。

使用頻度について
◎ ・・・ かなり使用するので優先的に覚えた方が良い
○ ・・・ 使用頻度も高く覚えておくと便利
△ ・・・ 知っていると便利だが優先順位は低い

 

【ショートカットキーで
効率作業】

WINDOWS全般

EXCEL

WORD

Internet Explorer

 

ショートカットキー日記